本文へ移動

性能を見極めるために必要な事

品質は多岐に分類されそれぞれの性能が関係し合っています。
それらの性能はできる限り根拠に基づくべきと考えます。
我々のような小さな工務店こそ自称高性能では無く
可視化された高性能をうったえなければなりません。
 
「公的基準のクリア」「性能の数値化」
これらの事がお客様の信頼を得るために必要不可欠であり
住宅事情の「今」と「これから」を知るヒントにもなります。
標準仕様でこれらの3つの最高等級をクリアしています。
「断熱等性能等級」「一次エネルギー消費量等級」は現在、改訂が行われておりますので
詳しくは 省エネ性能のページ をご参照いただければと思います。

断熱・省エネ性能は弊社の主力商品でもあります

公式に高性能住宅であると認めてもらう方法

・長期優良住宅 (各地方自治体の認定)
 → 長く住める平均値の高い性能を持つ住宅
・低炭素住宅 (各地方自治体の認定)
 → 基準値からエネルギー消費を10%削減した住宅
・ゼロエネルギー住宅(ZEH)(各指定機関および各省庁の認定) 
 → 上記を20%削減し、太陽光システムなどの創エネ設備を搭載した住宅

<ポイント>
 通常認定取得のためには「認定費用」+「建築物の性能UP費用」が必要です。
 ですが、弊社は性能が元々高いので建築物の性能UP費用は不要となります
 認定費用さえ頂ければ税制優遇や控除の恩恵を受けられる可能性も大いにあります。
 ※ZEHの太陽光システムの導入費用は別途必要となります。

気になる建築費用は?


これだけの性能を確保し
坪単価 69.6万円(税抜)
765,600円(税込)
でご提供させていただいています。
※資材単価が高騰中ですが、2022年の間はこの価格でご契約させていただく予定です。
※予告なく価格が変更される可能性があります。

特に耐震と断熱に関してかなり優れると思いますので、
それぞれの性能の詳細を下のバナーからご確認ください。
 
 
耐震構造の詳細
断熱材やサッシの性能
防腐防虫処理や換気方法
バリアフリー
 坪単価 UA値 Q値 C値 ゼロエネルギー住宅 ZEH トリプルガラス 樹脂サッシ APW430
 坪単価 耐震等級3 UA値 Q値 C値 長期優良住宅 低炭素住宅 ゼロエネルギー住宅 ZEH トリプルガラス 樹脂サッシ APW430 パッシブ ソーラー 
0
5
6
4
6
0
TOPへ戻る