本文へ移動

省エネ性能 UA値Q値C値

最高等級・断熱等性能等級4、そのもっと先へ

どうなる?日本の「高断熱」
平成25年の省エネ法改正、日本の建築の断熱性能は思うほど底上げされませんでした、今でもZEH仕様程度の断熱性能で大きな顔ができるのが日本の住宅です。お客様の暮らしを考える会社はずっと前からもっと先に行っていますので、見極めるためにはお客様も勉強が必要です。
 
日本の「高気密・高断熱」には定義は無い
お客様からよくお問い合わせいただくのが、どの会社も高気密・高断熱と主張するのでどの会社が優れるのか、よく分からない。というご相談です。それもそのはず、日本においてどんな低断熱な家でも高断熱と広告しても良いのです。高気密・高断熱という言葉に定義がないのですから。
 
誰でも分かる気密性能・断熱性能の判定方法
気密性能は気密測定の結果によりC値を得なければなりませんが、断熱性能は建築前から性能を算出できます。
耐震などその他性能より余程簡単に断熱性能は判断できます。車や時計を買う時にスペックは調べますよね?
住宅でも調べてみてはいかがでしょうか。一生物のお買い物ですので。
 
断熱性能はUA値で判断できる!
 ※断熱性能はQ値からUA値に以降されたのでここからは断熱性能に関してはUA値で判断します。
数値が小さいほど断熱性能が優れます。

コスパに優れた3つの断熱モデル

最近の情勢

全国の地域区分が見直され、滋賀県内でもほとんどの地域が5地域になりました。
5地域は寒い地域と認識していましたが、九州などでも増加している事から地図上の緯度なども参考になっているようです。
加えて、HEAT20という日本の高断熱化を推進する団体の仕様にも
G1、G2、を超えるG3が追加される予定です。
G3数値は現在の推定値です。
さらに国が定めるZEHもZEH+の誘導値に見直しが図られ、ZEHクラスUA値=0.60は当たり前の数値として
定着しました。0.60より悪い数値を建築会社に提案された場合、より上位の仕様の見積もりを依頼する方が無難と言えます。

2021年弊社の断熱仕様変更

弊社の2020年までの断熱仕様は2014年に選定された物で、
今の時代でも通用するような高品位のものです。
ただ、コロナウイルスの物価への影響、お客様のニーズなど
(標準仕様から1ランク上の断熱仕様を採用される方が8割超え)
を受けて価格の見直し、断熱仕様のさらなる向上を迎える時期と
判断し、仕様の変更に踏み切りました。
断熱仕様だけでなく、外壁の仕様も上げておりますので見た目と
耐久性も良くなっています。

新断熱Fシリーズ

外壁がふっ素リシン吹きつけという、塗装左官系の最高級仕様になりましたのでその「F」を付けてそれぞれのUA値で分けています。

 F25 坪単価63.5万円 698,500円(税込)  UA値0.25 C値0.5~1.0程度
 F30 坪単価61.5万円 676,500円(税込)  UA値0.30 C値0.5~1.0程度 
 F34 坪単価59.5万円 654,500円(税込)  UA値0.34 C値0.5~1.0程度

UA値はモデルプランの値でプランにより異なります。
ご要望に合わせてダウングレードする断熱仕様も作成可能です。
5地域UA値区分
6地域UA値区分

2020年に工事予約済みのお客様へ

よほどの価格高騰が無い限り2020年仕様にて承ります。
今回の変更に合わせた仕様に変更する事も可能ですのでご相談下さい。

UA値はどこまで必要か

5地域は6地域よりかなり厳しい判定になります。
ここで言う判定とはHEAT20に関してなので、特別利害が出る
わけではありません。
正直、5地域大津市だと南部と北部で異常に寒暖差がありますので
大津市南部の方は6地域の考え方でも良いのではと思いますが、
大津市南部の直近のお客様のUA値の実邸値をまとめると、
0.24、0.31、0.31、0.34、0.34
のように推移しており、お客様の意識が高くなってきている事が見て取れます。
6地域だから0.50くらいでZEH+だしそれで良いや。とは弊社としては考えませしお勧めもしません。ともかく最低でもUA値0.40は確保のつもりで動き、不利なプランでUA値0.45程度でとどめていく意識で2021年の住宅は良いと思います。

窓は国産最高クラスの樹脂サッシ・トリプルガラス!

弊社の高断熱を支える窓。YKKAP社の「APW430」を標準採用!
東南アジア製品ではなく国産品で10年保証が付帯します。
YKKAP製品の中でもトリプルガラス用に開発された枠材を採用しているのはAPW430のみで、下枠のかかり代を27mmから50mmへと深く変更しトリプルガラスの荷重を支えています。
 紹介動画です。宜しければご視聴下さい。
youtubeにて公開中

国産最高クラスの窓、でも実は最低限必要な窓

 
APW430は上の写真の実験下で結露しない事が確認されていますが、なんと関西地域でもうっすらと結露する事が確認されました!
実際の環境と実験室でも環境は異なるものという事です。このサッシより性能の低い窓ではもっと結露してしまう事から、樹脂サッシ・トリプルガラス「APW430」は「国産最高クラスの窓であり、最低限必要な窓」である、と考えます。
 

Low-Eトリプルガラスと照度の関係 暗くならない?

Youtubeにて公開中
熱環境のバリアフリーを推奨します!
 坪単価 UA値 Q値 C値 ゼロエネルギー住宅 ZEH トリプルガラス 樹脂サッシ APW430
 坪単価 耐震等級3 UA値 Q値 C値 長期優良住宅 低炭素住宅 ゼロエネルギー住宅 ZEH トリプルガラス 樹脂サッシ APW430 パッシブ ソーラー 
0
5
1
0
6
3
TOPへ戻る