本文へ移動

真野M邸、高気密高断熱リフォーム

高気密・高断熱リフォームの道しるべ
 
一般的な高気密・高断熱リフォームと違い、C値(気密性能)UA値(断熱性能)を数値化して根拠のある高性能を目指しています。
C値=1.1(cm2/m2) UA値=0.45(W/m2・K) というリフォームにおいてかなり良い結果をコストパフォーマンス良くご提案いたしました。
大手ハウスメーカーの新築よりも良い数値になっております。
2030年を目標に推奨されはじめているゼロエネ住宅(ZEH)ですらUA値=0.6以下、その強化版であるZEH外皮強化モデルでもUA値=0.5以下、さらにその上のHEAT20G2クラスでもUA値=0.46以下なので、相対的に見ても素晴らしいスペックである事がうかがえます。
今後の高気密高断熱リフォームの「道しるべ」となる案件とも考えており、工務店としても非常に有意義な工事でした。
本物件の外観における、既存建築との「ちぐはぐ」はこれで良いと思っています。
良いと思える条件がまだ自分の中で整っていないのであれですが。本物件の「ちぐはぐ」は成功です。
 坪単価 UA値 Q値 C値 ゼロエネルギー住宅 ZEH トリプルガラス 樹脂サッシ APW430
 坪単価 耐震等級3 UA値 Q値 C値 長期優良住宅 低炭素住宅 ゼロエネルギー住宅 ZEH トリプルガラス 樹脂サッシ APW430 パッシブ ソーラー 
0
4
2
9
5
0
TOPへ戻る