本文へ移動

健康性能

健康と住宅、どこで判断する?

キャッチコピー住宅にご用心

「健康住宅」「自然派住宅」「無添加住宅」「木の家」いろいろなキャッチコピーが飛び交います。
その中で自分に合っている建築会社を選ぶ。それが最良の選択であるのは間違いありません。
私達、建築会社は自社商品を販売するための営業活動を行うので、自社商品を誇張表現してしまう傾向があります。「統計」と称した対象者・分母不明のグラフやデータ。前後の文脈を見ない「論文の抜き取り」、自分の購入した住宅を信じるしかない「体験者の言葉」。
これらの情報の渦からお客様ご自身で真偽を確かめなければ本当の健康住宅は手に入りません。

人体の構造に着目

多くの情報の中に「医療分野のエビデンス」という物があります。
これは人種性別問わず、人間の体における共通認識として証明された物です。そこから読み取れ人間が健康でいられるための温度・湿度は
室温:20~27℃  湿度:40~60% となります。

室温・湿度の維持は困難

冷暖房器具や調湿器具やその他工夫によって温度・湿度を365日維持できれば良いのですが、それには高額な設備費用、その維持費用や光熱費がかかるのが一般的ですし、なにより一番の問題点である温度ムラ(各室の温度差、室内での足元と頭部の温度差)が解消できません。
 

自然素材では解決できない健康被害

この温度差により引き起こされる「ヒートショック」は近年、交通事故死の3倍近くの死亡事故を引き起こしており、社会問題として取り沙汰されています。
加えて、冬季にべちゃべちゃに結露する窓、ここに発生するカビも空気環境を汚染しています。室内が乾燥しているように思えても窓周りの湿度は結露により70%を超えており冬季であってもカビの温床となります。窓をあけるとカビが舞い上がります。
この2つの甚大で深刻な健康被害は自然素材では物理的に解消できません。これに気づく事が重要です。

ヒートショックと窓結露の解決方法

ヒートショック対策は窓の断熱性能の強化、屋根・壁・床の断熱性能の強化で解決します。
窓結露の対策は窓の断熱性能の強化、この一点に尽きます。他の解決方法はありません。
 

対策をとった後の自然素材の利用

以上の重大な問題を解決できるだけの能力が弊社の標準仕様に組み込まれています。
さらに弊社は標準仕様で無垢フローリング(自然塗料)を全室にて採用しています(水周り以外)。これにより各部屋において天然木の調湿作用の恩恵を受ける事ができます。
それだけでなく、オプションにて天井・壁においても天然木、しっくい、珪藻土などの塗り壁も採用可能です。
オーガニックなお家をご希望される方にも柔軟に対応してまいります。
一番大切な「断熱性能の確保を行われた家」こそ自然素材を使った健康住宅のスタートラインだと、私達は考えています。順番だけは決して間違えてはいけません。
 
加えて花粉症やPM2.5でお困りの方に向けた対策も行っておりますので以下のバナーよりご確認下さい。
 坪単価 UA値 Q値 C値 ゼロエネルギー住宅 ZEH トリプルガラス 樹脂サッシ APW430
 坪単価 耐震等級3 UA値 Q値 C値 長期優良住宅 低炭素住宅 ゼロエネルギー住宅 ZEH トリプルガラス 樹脂サッシ APW430 パッシブ ソーラー 
0
4
2
1
5
8
TOPへ戻る